痛みのない歯周病治療

痛みのない歯周病治療

歯周病は、少し前まで歯槽膿漏と呼ばれ、歯茎がブヨブヨに腫れる病気だと言われてきました。最近では、菌に感染症だということが分かり、原因となる菌が出す毒素により、歯茎が腫れたり、骨が溶けていくことが判明しました。
歯周病治療では、菌を少なくするために、菌がいる汚れを取り除くことが行われてきました。

エキサイトニュース情報の豊富さで有名なサイトです。

プラークと呼ばれる汚れはやわらかいので歯ブラシでも落とすことができますが、歯石になってしまうと固く沈着しているので歯科医院へ行かなければ取ることはできません。
そのため、自宅での徹底した歯磨きと、歯科医院での歯石除去が歯周病治療の柱となっていました。


しかし、歯石は歯の表面だけでなく、歯茎の中まで入り込んでいるので、取るのが大変です。場合によっては麻酔をしてから行うほどですが、麻酔が切れてからもしばらく痛みが出ることがありました。

固い歯石をガリガリ削るのに抵抗がある患者さんも少なくありません。

そこで、最近では内服薬による歯周病治療が登場しました。

まず、お口の中の汚れを取りだして、顕微鏡でどのような菌がいるのかを確認します。

歯周病治療の口コミ情報をまとめました。

そして、その菌に合った薬を服用することで、効果をあげるという治療法です。

ただ、この治療法はタバコを多く喫煙する習慣がある患者さんなどには効果が出ないことがあります。



まずは、自分の状態を知り、それに合った治療をすることが大切です。


薬によって菌が減っても、また感染してしまうこともあるので、歯を磨く習慣も欠かせません。

Copyright (C) 2016 痛みのない歯周病治療 All Rights Reserved.